ジュニアのスパイクにインソールを半年使用した感想

シェアする

IMG_4744
玄関の掃除をしていて、息子のスパイクに目が止まりました。

右の踵だけ黒い?

手にとって、インソールを引き出してチェックしてみました。

半年の使用で片側だけボロボロ

DSISソルボサッカーインソール、このインソールは今年の6月から使い始めました。

きっかけは、長男が練習の後に踵が痛いと言いだしたからです。

→インソールを試してみました

その後、踵の痛みは「0」にはなりませんが、インソールを入れた事で少しはよくなりました。

普段の練習ではトレーニングシューズを履いているので、雨の日の練習と試合の時だけの半年間の使用でこの状態です。

IMG_4746

明らかに右の踵だけすり減って、下に穴が開きそうな状態

もし、この緩衝材がなくそのまま足への負担になっていたらと考えると、少し恐ろしいです。

スパイクの地面からの突き上げについては、以前にも記事にしましたが、子どもの足には相当な負担です。

→ジュニアのスパイクはいつから

蓄積された負担は、シーバー病などの踵の痛みを発生させる原因になります。

→シーバー病の原因と対策

なぜ右足だけなのか?

息子は左利きです、インソールの踵部分が減ったのは右のインソールです。

オスグッドシュラッターの記事でも書きましたが、サッカー選手のスポーツ障害は蹴り足よりも軸足に発生する事がよくあります。

地面をしっかりと踏みしめて、体を支える為に軸足には相当な負担が繰り返しかかるのです。

→オスグットシュラッターの原因と対処

インソールの減り方を見ても、軸足への負担が大きいのがよく分かります。

スポーツ障害は「使い過ぎ」「間違った体の使い方」によって起こります。

使い過ぎを少しでも減らす為には、ストレッチなどで体のケアをしっかりとしなければいけません。

それに加えて、道具などを上手く使う事が子どものスポーツ障害の予防を助けてくれます。

その1つとしてインソールは使ってみて効果があるなぁと実感できたアイテムです。

DSISソルボサッカー インソール 
by カエレバ

参考情報

スポーツ障害の原因と対処 指導、保護者に理解して欲しい事
スポーツの指導者、お子さんがスポーツに一生懸命に取り組んでいる保護者の方なら、心配なのはスポーツによって起こる怪我、スポーツ障害では...
オスグッドシュラッター病 サポーターの選び方と効果的な使い方
スポーツを頑張る成長期の子供に多い膝の痛み、その中でもオスグッドシュラッター病は有名です。 オスグッドシュラッ...

ツールバーへスキップ